卒業式中止による高橋同窓会会長の祝辞

令和元年度の卒業式(3月19日)は卒業生代表と教職員のみの寂しい祝賀となり、同窓会入会式も中止となりました。そこで遅くなりましたが、高橋会長の卒業生への祝辞を同窓会ホームページに掲載させていただきました。

新年号やオリンピックと、卒業にふさわしい門出の年だったのに、コロナウイルスが影を落としてしまいました。卒業生の皆様にはウイルスなんか負けずに、力強く旅立つ飛躍の年として下さい。

いつしか、卒業式を、ウイルスを、笑い飛ばせる特別な年として皆様の記憶に残る事を期待しています。

同窓会会長挨拶

卒業の日を迎える事となりました卒業生の皆さん、並びに保護者の皆様には同窓生を代表して心よりお喜び申し上げます。
そして、卒業生の皆さんを函館高専同窓会の新会員として迎え入れることが出来ましたことを心から嬉しく思います。

同窓会の活動を紹介いたします。

一つは、すでに皆さんに配布された同窓会誌「にいばり」の発行です。毎年、同総会に住所が登録されている皆さんに郵送されます。
母校や同窓生の近況がわかる楽しい冊子となっております。

二つ目は、同窓生の親睦・交流を図ることです。同じ職場や多くの企業に在籍している同窓という強いきづなで結ばれた仲間の存在は大変心強いものです。
同窓会には同窓生の積極的な交流の場として、函館の本部、そして、関東、中部、仙台、青森、札幌に支部があります。各支部の総会や親睦会などへ積極的に参加して同窓の輪を大きく広げて下さい。

三つ目は、母校への協力です。我々を育ててくれた母校への感謝の気持ちを表すために、母校の活動に我々同窓生も積極的に協力していきたいものです。

新型コロナウイルス肺炎の影響により、このような文面での挨拶となりましたことは、大変残念に思います。

最後になりましたが本日まで、皆さんを教え導いて下さった、校長先生はじめ諸先生・職員の方々のご高恩に報いるためにも、皆さんが、一層の自覚をもって前途を切り開いて行かれることを祈念して私の挨拶といたします。

函館工業高等専門学校同窓会
会長 高橋 秀治

函館高専第四代同窓会会長 高橋 秀治

函館高専第四代同窓会会長 高橋 秀治

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください