函館工業高等専門学校・校歌

函館高専の校歌は昭和37年8月につくられた。

作詞は太秦校長、作曲は校長の友人で第一生命保険株式会社会長の矢野一郎氏である。

「さしのぼる 朝日に映えて・・・・」の詩想は、太秦校長が本校校長に内定後初めて来函した3月12日、函館市長らの案内で校舎建設予定地の戸倉町の高台を視察した時にうまれた。

この日は、残雪なお深く風のかなり強い曇天の日ではあったが、校長は太平洋・駒ヶ岳・函館山を中心とした市街を一望に見渡せる雄大な環境に感激し、札幌への帰路詩想を練った。校長自身、学生会新聞のなかで次のように当時を述懐している。

「私は校地を視察して札幌へ帰る途中、その感激のさめぬうちにと、想を練り筆をとってまとめたのが校歌である。青年よ汝が夢をもて。青年よ大志を抱け。青年よ力強かれ。」これが私の高専教育に対する信条である。

※「戸倉が丘第一号(昭和37年)」、「函館高専二十五年史(昭和62年)」より抜粋

 

 

Download(右クリックでローカル環境にダウンロード可)

※校歌のMP3化は松下氏(C19)にご協力頂きました。

このビデオは函館工業高等専門学校同窓会・創立50周年を記念して制作致しました。