名誉教授の外﨑先生がご逝去されました

外崎先生は昨年暮れ、令和元年12月31日にご逝去されました。
享年86歳でした。
ご遺族様より、「「故人の遺志により御香典の儀はかたくご辞退申し上げます」とのことでした。

外﨑先生はコンクリート構造体の強度解析をご専門とされ、昭和46年に北海道開発局より赴任されました。以来、平成8年まで25年間に渡り土木工学科教員として多くの卒業生がお世話になりました。
ここに謹んでお知らせ申し上げます。合掌

土木工学科17期生の卒業に際して次のような、はなむけのお言葉を贈られています。

「この学校で習得した君たちの学力はかなり高度なものであり、これに皆で培った協調の精神があれば、差し当たって就職先で困ることはありません。
しかし、技術は日進月歩です。又、人間関係も複雑になってきます。
どうか自己研鑽の心構えをいつも忘れずに技術者として、社会人として大成されるよう頑張ってください。」

(学校だよりNo.70より)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください