土木2期・野中さん「瑞宝小綬章」受章

平成30年春の叙勲で、我ら函館高専土木2期の同級生の野中宏君が「瑞宝小綬章」を受章致しました。長年にわたる国土交通行政での功労が認められたものです。

野中君は、国土交通省において、東北地方整備局道路部長で退官するまで、主に道路整備に携わり多くの業績を挙げました。

特に「三陸縦貫自動車道の整備」に携わっており、東日本大震災の時は、その道路が災害救助や支援物資の輸送などに大きな役割を果たしたことは周知の事実です。彼は、三陸地域への熱い思いを「美しき三陸」という本にもしています。

今回の栄誉ある受章は、本人の努力は勿論のこと、函館高専時代の師の教えの賜物と、仲間と培った人間関係が一助になっているものと思います。

同窓生のさらなる活躍と、在校生の一層の努力を祈念します。

土木2期・駒野 吉憲

土木2期・野中さん「瑞宝小綬章」受章

土木2期・野中さん「瑞宝小綬章」受章

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください